About Me

自分の写真
2010~2012プロアドベンチャーレースチームTeam EASTWINDメンバー(トレーニング生)として活動、2012年9月選手引退。 アウトドアライフ・スポーツの様々な楽しみ方、大会・イベント情報、和木香織利の私生活(IN&OUTDOOR)日記。2013年6月11日、第一子の女の子を出産し新たな人生のステージが始まりました。
Ex-Adventure Racer of Team EASTWIND(2010-2012), officially retired as a racer in September 2012. Introducing ways to enjoy outdoor activities, race and event information, and my private indoor&outdoor daily life.

2012年1月7日土曜日

1/6 秋ヶ瀬MTBチームトレーニング

今日は全員揃ってのチームトレーニング、集中的にマウンテンバイクに乗り込む!という目的で埼玉の秋ヶ瀬公園に集合しました。動画は今日のトレーニング序盤の様子。
video


実はこのたびチーム全員のMTBを新調しました。
SCOTTのSCALE29 Expert、29erです!(ホイールが29インチのマウンテンバイク。一般的のマウンテンバイクは26インチ)



全員が同じモデルのバイクなので、パーツの共有が出来るのも非常に有利です。
そして長距離を走るアドベンチャーレースでは走破性が高い29erは非常に有効です。

今日のトレーニングは9:30にスタートし、最初荒川の河川敷を30km。
そのあとはドラフティングの練習も含め彩湖の周回コース(1周4.75km)をひたすらぐるぐるぐるぐる、100km乗りました。それなりに登りもありで最適な練習コースでした。

先日のタスマニア世界選手権では私一人が29erで出場だったので、メンバー(26インチ)のペースにかなり付いていくことができましたが、今となっては全員29erで私はかなり頑張らないとついて行けない状態。
レースだったら牽引ですが、今日はトレーニングなので出来るだけ頑張って付いて行こうと頑張ってみたものの、彩湖周回30kmを越えたぐらいに無理に頑張ったペースは持たなくなってしまいました。60km以降は置いていかれて一人で漕いでました。


最初に頑張りすぎたせいで後半はバテてしまいましたが、この練習を繰り返せば強くなること間違えなし。来週もやります。

トレーニングを終えて駐車場に戻ったのは15:30、これだけ漕ぐと流石にそれなりに達成感もありました。

撤収後はミーティング。
タスマニア後、X-Adventureがあったり鋸山アドベンチャーウィークエンドがあったり、とにかく全員で集まってじっくり話し合うチャンスがなかなかありませんでした。今日のミーティングではタスマニアレースの反省をじっくり、チームワークとはなんなのかと感じたこと(特にヨーキの話は良い話だった)、タスマニアで感じた可能性、来月のパタゴニアでの具体的な目標、どんなチーム作りを目指していくのか、どこを目指すのか、基本的だけどすごく重要な話が出来て有効な時間を過ごしました。
それとパタゴニアの装備確認(超細かい!)、目標設定、実務的なことも出来たので充実したミーティングでした。

少しづつですが、私がイーストウインドに入って1年ちょっとが経ち、その間だけでもチームはかなり変化したのではと思いました。もちろん良い方向に。自分がレース経験をもう2度しているからそう思ったのもあるかもしれませんが。

ミーティングが終わったのが21:30。
イーストウインドでレースが出来て、すごく楽しいと今日も感じました。
楽しいというのはただワイワイとやっているのではなく、メンバー全員が世界一になるためにどうするかと真剣に考えて、チームに貢献しようと努力し、お互いのモチベーションを上げるためにはどうするかなど、妥協なしで突き詰めて話しをして超本気で取り組んでいること。

今日の心に響いた言葉はヨーキが言った「自分のためでも相手のためでもなく、チームのためを考えて行動する。世界一になるために全身全霊を注いで取り組む。」
かといって目を△にして我武者羅に進むのではなく、それを目指すためにはチームの雰囲気が凄く重要で、田中さんが今日言った「こいつ一人いるだけで場が明るくなるって人、いるよね。そんな人間をメンバー全員が目指していこう。」

「レース中、痛みや眠気と戦っているとき(特に自分は)、誰かがダウンしているときはみんなで盛り立てていこう」、そういう意識をレースで持とうという話が出来たり。

通常は忙しすぎてレース準備の実務的な話しでミーティングが終わってしまいがちでしたが、今日は根本的に大切な話しが出来て、とても充実したミーティングだ出来たと思いました。

パタゴニア出発の2月5日まで、1か月を切りました!
メンバー全員働いている(田中さんだけが職業がアドベンチャーレーサー、だけどレースだけやっているわけではなく超多忙なんです)ので、出発まで本当に限られた時間しかトレーニングが出来ません。

ヨーキが言ったもう一つ良い話、「パドリング(カヤック)でも、ひと漕ぎひと漕ぎ、集中して大切にやっていこう。」

泣いても笑っても出発まであと1か月、一日一日を大切に過ごしていきたいと改めて思いました。

5 件のコメント:

  1. 中林 ミキオ2012年1月7日 22:06

    26inってデカイですね!初めて知りました。
    ワッキーさんの身長でサイズ合うんでしょうか?

    返信削除
  2. 中林 ミキオ2012年1月7日 22:07

    間違えた!29inでしたね…

    返信削除
  3. あと一ヶ月ですか。早いですね。
    チームの結束がさらに強まっているようで、次のレースには必ず良い結果につながると思います。
    忙しい中トレーニングもがんばりつつ、体調や怪我には十分気をつけて下さい!

    返信削除
  4. 中林さま
    29erは私の身長(162cm)でトップチューブにギリギリ跨れます。しかし今回の練習で踏みすぎると体への負担が26よりもはるかに大きいことがわかりました。

    tatsuruさま
    本当に早いです・・・ 去年のパタゴニアが、テレビ放送のせいかついこの間のように感じます。昨年は2レースあったのでとても忙しく時が流れました。しかしこんな短期間にこれだけのレース経験が積めるのは、本当に恵まれています。
    チームの結束は間違えなく強まっています!必ず3位でゴールしたいと思います。応援よろしくお願いいたします!

    返信削除
  5. フレフレ~~けいちゃん!!やすこより~~

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。